社会の教科書に出てくるような本は、難しいばかりで読んでもつまらないと思われがちですが、「君主論」のように読んでて笑える本もあることをアピールしたく、本書を書きました。

 現在、日本の出版界では「君主論」は実用書としてばかり扱われていますが、こんなに笑えるのだから、娯楽書としても扱うべきだと私たちは考えています。名著は必要性に迫られて読むものではなく、ただ楽しむためだけに手に取ることもできるのだと、読者のみなさんに感じて頂ければ幸いです。


 「君主論」は本当に笑える本なのです。

著者




架神恭介(Cagami Kyousuke)

広島県出身
早稲田大学第一文学部卒

辰巳一世(Tatsumi Issei)

静岡県出身
横浜市立大学国際文化学部卒


メールはこちらまで


Webイラスト:花山丸眼鏡
本サイトのイラストは、書籍版のイラストとは異なります。ご了承下さい。